特定非営利活動法人 福山市身体障害者団体連合会
TOP 連合会の概要 会報紙掲載 事業内容 障害者相談員
ご寄付募金 お知らせ ブログ紹介 マップ リンク集
メールでのお問い合わせはこちら
【事業内容】
2021年度活動報告
「新年度総会書面での開催に」
法人団体として新年度を迎えての活動に欠かせない理事会、総会ですが、理事会は予定の通りに開催
出来て、それを踏まえて総会の準備に入り、正会員の皆様に案内を送りました。今年は順調に行くと思って
いた矢先、5月と同時に広島県は非常事態に入り、福山市も自粛生活をと通達が出て、通知を取り消し書面
での開催を決めて再送信し、5月中に議案に対する賛否を返信いただくことになりました。これも視覚協会員
などは書面では見れなく、メールを音声で聞いて返信をいただくことにして、5月中に8割強の全て議案に賛成
の返信をいただきましたので、総会は成立し、議案は事業・決算報告、役員改選、事業計画・予算案の5議案
は原案通り可決となりましたので、これで今年度の活動開始が出来ます。昨年度の決算書と任期満了で改選
となったこれから2年間の役員名簿を載せておきます。

特定非営利活動法人 福山市身体障害者団体連合会
令和2年度決算書
活動計算書 貸借対照表
令和2年4月1日~令和3年3月31日 (単位:円) 令和3年3月31日現在 (単位:円)
科目 金額 合計 科目 金額 合計
Ⅰ 経常収益 Ⅰ 資産の部
 1受取会費  1流動資産
  正会員会費 0   現金預金 3,760,440
  団体会員会費 50,000   前払金 800
  行事参加会費 148,000 198,000   流動資産合計 3,761,240
 2事業収益  2固定資産
  自動販売機収入 196,981 196,981   有形固定資産 0
 3受取寄附金   無形固定資産 0
  受取寄附金 0 0   投資その他資産 0
 4受取助成金   固定資産合計 0
  福山市助成金 1,200,000  資産合計 3,761,240
  日身連助成金 36,300 Ⅱ 負債の部
  その他助成金 40,000 1,276,300  1流動負債
 5その他の収益   未払金 61,946
  受取利息 237   未払法人税等 87,500
  雑収入 414,500 414,737   流動負債合計 149,446
 経常収益計 2,086,018  2固定負債 0
Ⅱ 経常費用   固定負債合計
 1事業費  負債合計 149,446
 (1)人件費 Ⅲ 正味財産の部
  福利厚生費 11,759  前期繰越正味財産 3,328,985
  人件費計 11,759  正味財産増減額 282,809
 (2)その他の経費  正味財産合計 3,611,794
  通信運搬費 111,323  負債・正味財産合計 3,761,240
  消耗品費 49,704
  水道光熱費 116,688 財産目録
  諸謝金 20,000 令和2年4月1日~令和3年3月31日 (単位:円)
  大会活動費 586,722 科目 金額 合計
  委託費 55,000 Ⅰ 資産の部
  諸会費 731,440  1流動資産 現金 1,106
  会議費 820   広銀定期預金 100,000
  交際費 6,000   広銀普通預金 614,119
  賃借料 800   JA普通預金 143,376
  雑費 26,273   JA定期預金 2,701,839
  法人・住民・事業税 87,500   前払金 800
  その他経費計 1,791,450  2固定資産 0
 経常費用計 1,803,209  資産合計 3,761,240
  当期経常増減額 282,809 Ⅱ 負債の部
Ⅲ 経常外収益 0  1流動負債
  経常外収益計 0   未払金 61,946
Ⅳ 経常外費用 0   未払法人税 87,500
  経常外費用計 0   流動負債合計 149,446
  経理区分振替額  2固定負債 0
当期正味財産増減額 282,809   固定負債合計 0
前期繰越正味財産額 3,328,985  負債合計 149,446
次期繰越正味財産額 3,611,794 正味財産合計 3,611,794
 
新役員名簿
  令和3年4月1日~令和5年3月31日
役名 氏名 連合会役員 所属 相談協
理事 菅原 晃 理事長 車いす協会 会長
理事 井上 佐智子 副理事長 難聴協会   会長 副会長
理事 杉原 瑞枝 副理事長 ろうあ協会  理事長 副会長
理事 根本 敏太郎 事務局長 視覚協会 事務局長
理事 坪山 明生 事務局次長 車いす協会  会長 監事
理事 村上 友一 会計 福山協会
理事 前川 昭夫 視覚協会 理事
理事 江草 忠儀 福山協会
理事 大成 敏正 視覚協会   会長 理事
理事 種本 益明 福山協会   会長 監事
監事 園生 浩治 神辺協会   会長 事務局次長
監事 大村 徳子 福山協会 会計

「 第1回理事会開催」
新年度を迎えての活動方針や予算等を決めて動き出すために先ずは理事会を開く必要がありますので
その準備に入りましたが、今年もまだコロナワクチンは打てていなく先行きの見通せないままの活動になり
そうですが、その中で計画を立て4月24日に理事会を開催と決めました。このところ理事も退会や亡くなら
れて減少していて、事務所内で三蜜にならず出来ました。この時点で昨年同様全国大会は中止になってい
てその代替行事が予定されている状態だったので予定の活動が出来るかはコロナ次第となります。
その理事会で新年度総会を5月の16日と決めて会議室も予約し、会員に案内をしましたが、連休前から
コロナが急増して市長から集会や活動の自粛を徹底するよう求められ、総会の開催は無理になりました。
そのため今年度は書面総会にして、今後の活動が少しでもできやすくなるよう5月中に返信されるよう準備
して会員に送ることとしました。


 2020年度活動報告
「ハートフル文化祭」を中止決定新年度
ここ何年か福山市身連の恒例行事としていた「ハートフル文化祭」を今年度も予定して会員に
募集をかけると共に会場となる人権センターのホールの予約が取れる日を聞いて2月に予約を
していましたが、募集を始めた11月から年末にかけて東京のほうはもちろん広島でもクラスター
が発生するなどコロナ感染が増え、1月の連絡会の頃に広島も指定地区になるかもと言われて
いるようになりましたので、この時期開催するべきか検討の結果今年度は残念ながら中止と
することに決定しました。12月のボウリング大会は開催ができ多数の参加者がありましたので
続く今年度最後の行事としてできることを願っていましたがやむおえません。皮肉なことに決定
後広島県の感染者は減少してきていますが、これはいいことなのでますます減少することを祈り
来年度皆さんと行事を楽しめる日が多くなり大勢の参加を願えるようになりたいものです。


「障がい者ボウリング大会開催」
令和2年も12月を迎え障害者週間になる第一日曜日の6日、市身連のスポーツ活動として
コロナキャットボウルで今年もボウリング大会を計画し参加者を募集しました。応募者が49名
あり、十三レーン程予約して準備しましたがその後3名程キャンセルがありましたがみんな元気
にボランティアの支援を受けて楽しい1日を過ごしました。コロナウイルスが再燃していて予防の
対策しての開催でしたが昨年以上の参加者で盛り上がり令和2年のしめくくりになりました。


「社会見学ツアー参加
広島県身連は今年度コロナによる自粛で団体活動がほとんど出来ておらず会員の交流も減少しており
これを打開するためにも活動しようと、国の経済活動支援に協力する形で行事を計画しました。福山の
会員にはなんだこれと思う企画でしたが広島発の福山にある施設見学でGOTOなどを使ってのツアーを
募集されました。自粛生活続きの会員ですぐ満席にになり、福山も検討の結果参加することにして第2
次のツアーを11月25日に追加で、福山と尾道の会員30数名で参加し、ホロコースト記念館、ふくやま
美術館等を見学し、お昼は「都」でステーキ懐石料理をゆっくりといただいて、研修と親睦の1日となりま
した。最後は地元のクーポンでのお土産付きのお得な旅になりました。


「歌声Salon開催」
連合会活動がコロナウイルスの影響で平常通り出来ず例年あった事業が軒並み中止になり団体の連携が
薄れてしまわないか気になる状態が続いているので、何か活動をしようと事務局主導で模索し今回「うたごえ
サロン」を開催しました。人権センターにあったピアノを使って視覚のピアノ演奏のプロを目指していた「安藤
美和子」さんに演奏をお願いして、自粛ムードのなか少しでも安らぎを感じてもらおうと開催して参加者を募集
しました。10月18日午後から人権センターのホールに27名ほどの参加者とボランティアの人をホールいっ
ぱいに席を広く取って密にならないようにして楽しんでもらいました。唱歌や童謡では自然にみんな歌を口ず
さみながら、ゆったりとした時を過ごしてもらえました。



「ようやく新年度総会開催」
連合会が法人化する前から例のない9月になっての総会が新型コロナの影響でやっと開催できました。
4月に理事会を開いて今年度の方針についてはほぼ決定出来ていて総会で確認するのみになっていました
が、その総会が国の活動自粛の要請でブロックされて、上部団体の行事予定もことごとく中止になり経験の
無い連合会活動の年度になりました。自粛緩和で会場予約がラッシュになり、9月20日人権センターの会場
が取れて総会が開催出来ました。時期やコロナのこともあり案内した会員の半数ほどの出席でしたが欠席者
の委任状もあって総会は成立、前年度の報告の承認、理事の辞任・新任、今年度計画・予算の承認の議事が
審議されて、やっといつもの年度が始まった感じです。まだコロナの影響は続いていて今後の計画もどこまで
出来るかわかりませんが、最大限頑張っていきます。会員の皆様コロナ対策しながらご協力ください。



「新年度第一回理事会開催」
四月を迎え新年度がスタートしましたが、日本中より世界中がコロナウイルスの感染で動きが取れなくなって
いて、「蜜」な状態を作らないため集会の中止が呼びかけられていて、とりあえず理事会だけは開催しておきたい
といろいろ対策をして開催して、年度替わりのけじめとしました。4月17日、人権センターの会議室で前年度報告
と新年度の計画・予算を承認して、本来ならこれを総会で審議して活動すべきですが世の中はどこもその状態で
はなく、総会日程をいったん延期して今後の状況を見て対応することにしました。前年度決算書を掲載します。

特定非営利活動法人 福山市身体障害者団体連合会
令和1年度決算書
活動計算書 貸借対照表
平成31年4月1日~令和2年3月31日 (単位:円) 令和2年3月31日現在 (単位:円)
科目 金額 合計 科目 金額 合計
Ⅰ 経常収益 Ⅰ 資産の部
 1受取会費  1流動資産
  正会員会費 32,000   現金預金 3,474,171
  団体会員会費 46,000   前払金 800
  行事参加会費 455,000 533,000   流動資産合計 3,474,971
 2事業収益  2固定資産
  自動販売機収入 255,607 255,607   有形固定資産 0
 3受取寄附金   無形固定資産 0
  受取寄附金 70,119 70,119   投資その他資産 0
 4受取助成金   固定資産合計 0
  福山市助成金 1,200,000  資産合計 3,474,971
  日身連助成金 33,200 Ⅱ 負債の部
  その他助成金 140,000 1,373,200  1流動負債
 5その他の収益   未払金 53,886
  受取利息 236   未払法人税等 92,100
  雑収入 90,000 90,236   流動負債合計 145,986
 経常収益計 2,322,162  2固定負債 0
Ⅱ 経常費用   固定負債合計
 1事業費  負債合計 145,986
 (1)人件費 Ⅲ 正味財産の部
  福利厚生費 133,431  前期繰越正味財産 3,277,541
  人件費計 133,431  正味財産増減額 51,444
 (2)その他の経費  正味財産合計 3,328,985
  通信運搬費 100,113  負債・正味財産合計 3,474,971
  消耗品費 26,378
  水道光熱費 118,459 財産目録
  負担金 100,000 平成31年4月1日~令和2年3月31日 (単位:円)
  大会活動費 851,927 科目 金額 合計
  委託費 54,000 Ⅰ 資産の部
  諸会費 746,580  1流動資産
  会議費 820   現金 58,952
  交際費 3,000   広銀普通預金 616,516
  賃借料 800   JA普通預金 97,095
  雑費 43,110   JA定期預金 2,701,608
  法人・住民・事業税 92,100   前払金 800
  その他経費計 2,137,287  2固定資産 0
 経常費用計 2,270,718  資産合計 3,474,971
  当期経常増減額 51,444 Ⅱ 負債の部
Ⅲ 経常外収益 0  1流動負債
  経常外収益計 0   未払金 53,886
Ⅳ 経常外費用 0   未払法人税 92,100
  経常外費用計 0   流動負債合計 145,986
  経理区分振替額 7,708  2固定負債 0
当期正味財産増減額 51,444 51,444   固定負債合計 0
前期繰越正味財産額 3,277,541  負債合計 145,986
次期繰越正味財産額 3,328,985 正味財産合計 3,328,985
 


 2019年度活動報告
 「ハートフル芸術・文化祭開催」
 今年度もハートフル文化祭の開催に向け年末から参加者募集をして、2月の23日に会場の
予約が取れましたのでその日を開催日として準備に入り、昨年並みの参加者の申し込みがあり
人権センターのホールを会場に開催しました。ただ2月に入ると世間はコロナウイルスでもちきり
になり、開催か中止かの問い合わせがあるようになりましたが、広島では感染者はなくギリギリで
開催でき、作品展示や楽器演奏、カラオケで会員が楽しく交流活動ができた1日でした。




 「福山市新体育館見学会」
福山市の競馬場跡地にいろいろな施設を作ることが企画されていますが、その一番手に
新体育館が完成し市内のスポーツ団体等にお披露目の見学会があり、我々の障害者団体
も建設時からコンタクトがあり、設備に要望をしていましたので確認の見学会がありました。
1月22日、エフピコアリーナと名前の着いた体育館に障害者団体・スポーツ協会の参加者
四十名程が設備を確認したり、説明を受けて障害者に配慮された点を確認できました。





 「福山市身連ボウリング大会」
市身連活動の一つとしてスポーツ事業をしていますが、大勢のボランティアを必要とするスポーツ
大会はなかなかきびしく今年は一昨年開催したボウリング大会を再び企画して会員に募集しました。
コロナのキャットボウルを会場に障害者週間直前の12月1日開催し、44名の応募者があり、
賑やかに楽しい1日で、令和元年の行事は終了となりました。ボランティアの皆様お世話様でした。



 「第45回中・四国身体障害者福祉大会」
今年の中四国大会は愛媛県松山市の松山市民会館で開催され、中四国から約1500人の会員が
出席して、11月6日に行われました。福山市身連ではリフト付きの車をレンタルして9名が参加し
他に県身連のツアーにも2名が参加し合計11名が参加してきました。どちらも1泊2日の日程で
隔年ごとの四国での開催で、観光の場所探しが難しくなっています。これで今年度の大会は全部
終了です。






 「令和元年度広島県身体障害者福祉大会」
西日本豪雨で一旦は無理かと思われた熊野町での広島県大会が10月25日、熊野町民会館で開催され
福山市身連は24名が参加し、五名が会長表彰を受けました。予定のリフト付きバスが故障で車2台での
参加になり、大会後弁当をバスに積込み、途中で食べて、三原の酔心を観光して無事福山へ帰りました。






「第43回 福山ふれあい福祉まつり参加」
今年の福祉まつりはいつもより遅く10月27日、ビッグ・ローズで1日のみの開催になり、市身連はいつもの
身障相談コーナーに加えお餅とリサイクル品のバザーをして、参加しました。全館を使っての会場でゆったり
出来ましたが、それぞれの会場は別々になっていてひと目で全体を見ることはできませんでした。





 「市身連結成60周年記念の集い開催」
昨年でわれわれの団体が結成されて60周年(法人化5周年)でしたが、役員体制や資金の面など整わず
今年度に初めての企画で実施するよう準備しました。しかし資金が計画通りいかず、結局記念の集いとして
法人化した8月の25日、みやびを会場に各方面に案内して出席いただき開催しました。それと共に記念講演
として「障害年金とは」と題して明石市の辰巳社会保険労務士を招き研修をし、多数の参加者がありました。




 「日身連福祉大会・あきた大会」
今年度の全国大会は秋田県で開催され、広島県身連は4日間のツアーを組んで参加者を募集されました。
福山からもこのツアーに連合会員や他の人も10人近く応募して、参加者は往復空の旅と障害者に優しい
行程の東北の自然を楽しむ旅行をしてきました。来年は広島でこの全国大会の予定になっています。
 


 

「福山市身連 新年度総会開催」
新年号「令和」となった5月の12日福山市身連は新年度総会を人権センターの会議室を会場に
開催しました。例年前年度の報告と新年度の活動方針を決めることになりますが、今年は役員の
任期満了に伴う役員改選があり、理事会で検討した新役員候補を提案して承認され、再び理事会
を開催し、新理事の中から新理事長を選ぶことになっており、菅原晃理事を理事長に選任しました。
 
特定非営利活動法人 福山市身体障害者団体連合会
令和1年改選 新役員名簿
2019.4~2021.3
役名 役職 氏名 所属 県身連
理事 顧問 鎌刈 拓也 加茂 相談役
理事 顧問 前川 昭夫 視覚
理事 相談役 江草 忠儀 福山
理事 理事長 菅原 晃 車イス 理事
理事 副理事長 井上 佐智子 難聴
理事 副理事長 門田 潤美 ろうあ 会員代表
理事 事務局長 根本 敏太郎 視覚 理事
理事 事務次長 坪山 明生 車イス
理事 会計 村上 友一 福山
理事 会計補佐 大村 徳子 福山
理事 藤原 信弘 加茂
理事 大成 敏正 視覚
理事 三島 茂 新市
理事 種本 益明 福山
理事 小川 愛二 松永町
監事 鴨田 弘道 駅家町
監事 園生 浩治 神辺


特定非営利活動法人 福山身体障害者団体連合会
平成30年度決算書
活動計算書 貸借対照表
(それぞれの表の単位は円)
平成30年4月1日~31年3月31日 平成31年3月31日現在
科目 金額 合計 科目 金額 合計
   経常収益計 資産の部
1 受取会費 1 流動資産
正会員会費 26,500 現金預金 3,407,985
団体会員会費 49,000 前払金 800
行事参加会費 536,900 612,400 流動資産合計 3,408,785
2 事業収益 2 固定資産
自動販売機収入 316,912 316,912 有形固定資産 0
3 受取寄付金 無形固定資産 0
寄付金 124,000 124,000 投資その他資産 0
4 受取助成金等 固定資産合計 0
福山市助成金 1,200,000 資産合計 3,408,785
日身連助成金 25,000 負債の部
その他助成金 10,000 1,235,000 1 流動負債
5 その他の収益 未払金 32,844
受取利息 234 未払法人税等 98,400
雑収入 250 484 流動負債合計 131,244
経常収益計 2,288,796 2 固定負債 合計
経常費用  負債合計 0 131,244
1 事業費 正味財産の部
① 人件費 前期繰越正味財産 3,119,716
福利厚生費 196,034 当期正味財産増減額 157,825
人件費計 196,034 196,034  正味財産合計 3,277,541
② その他経費 負債・正味財産合計 3,408,785
通信運搬費 104,307
消耗品費 28,678 財産目録
水道光熱費 124,621 平成31年3月31日現在
大会活動費 771,539 科目 金額 合計
委託費 54,000 資産の部
諸会費 746,872 1 流動資産
会議費 5,000 現金 38,548
賃借料 1,520 広島銀行普通預金 498,269
法人・住民・事業税 98,400 JA普通預金 169,791
その他経費計 1,934,937 JA定期預金 2,701,377
事業費計 2,130,971 前払金 800
経常費用計 2,130,971 2 固定資産
 当期経常増減額 157,825 資産合計 3,408,785
経常外収益 負債の部
経常外収益計 0 1 流動負債
経常外費用 未払自販機電気代 25,920
経常外費用計 0 未払NTT電話料 6,924
経理区分振替額 28,803 未払法人税等 98,400
当期正味財産増減額 157,825 157,825 2 固定負債 0
前期繰越正味財産額 3,119,716 負債合計 131,244
次期繰越正味財産額 3,277,541 正味財産合計 3,277,541

 
 2018年度活動報告
 「ハートフル芸術・文化祭」
 会場の都合で予定していた文化祭は年度末の三月に入って、人権センターのホールが使えて三日に
開催する事が出来ました。今年視覚障害者協会から三〇名の参加があって七〇名近い参加者とボランティア
の協力を得て、午前はステージ出演に楽器演奏(ハーモニカ、オカリナ、バイオリン、大正琴等)や日本舞踊、
マジックショーなどを堪能し、午後からはカラオケでのど自慢の会員が熱演して、そのあとはビンゴゲームで
盛り上がり楽しく賑やかに行事が出来ました。幹部はおお仕事でしたがこれからもとリクエストがあるイベント
になりました。


 「市身連スポーツ大会」
市身連の活動の項目としてスポーツ活動を上げていますが、今年そのための予算は厳しく経費節減の
方法で会場、用具を借用しての「スポーツ大会」を12月9日、身障体育センターを会場に開催しました。
障害者が無理なくできる種目を六種目程選び、ろうあ、視覚、難聴協会からも参加があって、四十名程
が参加して、三種目を得点種目として1,2,3、中間、ブービー賞をだし、ボランティアの人に補助されて
和気藹々の行事となりました。
  
 
 「第44回 中・四国身体障害者福祉大会」
11月16日平成30年度の中四国身障福祉大会が岡山県倉敷市の市民会館で開催されました。
福山市身連はリフト付きバスでツアーを組み車椅子使用者も含め20数名で参加しました。隣県
なので日帰りの行程でしたが、朝の渋滞にかかり到着は開会直後で国歌斉唱中でした。会場で
広島・府中・尾道等の会員と目で挨拶しながら席に付き大会を終え、昼食をサンロード吉備路で
食べて、お土産ショッピングだけの旅行になりましたが日が短く帰りは暗くなっていました。   
 

 「第57回広島県身体障害者福祉大会」
全国大会と同じく例年より一ヶ月遅れで広島県大会が庄原市民会館で10月24日開催されました。
福山市身連ではバスとマイカー1台で約30名が参加しました。今年大会に合わせ写真展も募集し
県内応募者の作品が展示されていました。表彰には福山から会長表彰を5名の会員が受けました。
 

「全国身障福祉大会ーぐんまたいかい
平成30年度の第63回日本身障福祉大会は6月14日群馬県の高崎市で開催され福山市身連は
団体を組むほどの参加者はなく県身連のツアーに5名が応募して参加しました。今年梅雨の季節の
開催でしたが、12日から観光を楽しみながらの3日間梅雨は一休みで傘のいらない行程でした。

 
 「平成30年度総会開催
平成30年5月20日、事務所のある人権センターの学習室を会場に新年度総会を開催しました。
執行部は年度末に会計が入院され、総会当日は事務次長が法事で万全の態勢ではありません
でしたが、資料は理事会で検討されて少し補正はしましたが揃えており、問題なく議事は承認されました。

特定非営利活動法人 福山市身体障害者団体連合会
活動計算書 貸借対照表
     いずれの表も単位は円
  自 平成29年4月1日 至 30年3月31日 平成30年3月31日現在
科  目 金  額 科  目 金  額
Ⅰ 経常収益 Ⅰ 資産の部
 1 受取会費  1流動資産
 正会員受取会費 26,000   現金預金 3,205,777
 団体会員受取会費 60,000   未収金 40,000
 行事参加会費 867,800   前払金 800
 2 事業収益    流動資産合計 3,246,577
 自動販売機収益 333,738  2固定資産
 3 受取寄付金   有形固定資産 0
 寄付金 4,044   無形固定資産 0
 4 受取助成金   投資その他資産 0
 福山市助成金 1,200,000   固定資産合計 0
 日身連助成金 30,200   資産合計 3,246,577
 その他助成金 222,896 Ⅱ 負債の部
 5 その他の収益  1流動負債
 広告料 60,000   未払金 32,961
 受取利息 576   未払法人税等 93,900
経常収益合計 2,805,254   流動負債合計 126,861
Ⅱ 経常費用  2固定負債 0
 1 事業費   負債合計 126,861
 (1)人件費 Ⅲ 正味財産の部
 福利厚生費 280,194   前期繰越正味財産 3,082,493
 人件費計 280,194   当期正味財産増減額 37,223
 (2)その他経費   正味財産合計 3,119,716
 旅費交通費 16,500 負債及び正味財産合計 3,246,577
 通信運搬費 98,236 財産目録
 消耗品費 42,517 平成30年3月31日現在
 印刷製本費 17,496 科  目 金  額
 水道光熱費 121,470 Ⅰ 資産の部
 大会活動費 1,235,534  1流動資産
 研修費 12,000   現金 45,062
 委託費 87,960   広銀普通預金 260,718
 諸会費 750,814   JA福山普通預金 198,851
 会議費 10,000   JA福山定期預金 2,701,146
 賃借料 1,410   県障害者スポーツ協会 40,000
 法人・住民・事業税 93,900   市自販機設置料 800
 その他経費計 2,487,837  2固定資産
 事業費計   資産合計 0
経常費用計 2,768,031 Ⅱ 負債の部
当期経常増減額 37,223  1流動負債
Ⅲ 経常外収益      未払自販機電気代 25,920
経常外収益計 0    未払電話料3月分 7,041
Ⅳ 経常外費用    未払法人税等  93,900
経常外費用計 0   流動負債合計 126,861
 当期正味財産増減額 37,223  2固定負債合計 0
 前期繰越正味財産額 3,082,493   負債合計 126,861
 次期繰越正味財産額 3,119,716  正味財産合計 3,119,716

 2017年度活動報告
 「ハートフル芸術・文化祭開催」
平成29年度市身連の最後の行事として、平成30年2月24日、人権交流センターのホールを会場に
文化事業としてハートフル芸術・文化祭を開催し、日頃練習している演奏とか、手芸品、写真等の作品を
展示して披露し、当日はハーモニカや大正琴等の演奏や、カラオケで会員の活力や交流に努めました。




 
 「平成29年度広島県身障福祉大会」
日時 9月7日   場所  呉市 くれ絆ホール
今年の身障福祉大会は呉市のくれ絆ホールで開催され、県内の会員600名が参加して行われ
福山市身連からは車イスリフト付きバスで30名程が参加しました。当日は一日中雨が降るあいにく
の天候でしたが、大会後近くで用意された弁当を食べて鉄のくじら館等を観光して帰ってきました。


 「福山東ライオンズ招待障害者ボウリング大会」
毎年7月に行われている福山東ライオンズが障害者を招待して開催されているボウリング大会が
今年も16日に福山パークレーンで障害者団体や作業所から100名を超える障害者を招待して、
行われ2ゲームの競技のあと弁当をいただきながら成績発表で優秀者や飛び賞の表彰を受け、
他の人も参加賞を全員がいただき楽しい一日となったようです。



「第62回全国(ぎふ清流)大会参加」
  今年の全国大会は昨年の京都に近い岐阜県で開催され福山市身連からは、バスを仕立てる程で
ないため、広島県身連のツアーに4名が参加しこの団体のようにゆっくり旅行できない人たちを福山
で1泊の新幹線利用の参加者を募集したところ8名の参加希望があり、合計12名が参加しました。

 

「2017年度総会開催」
新年度を迎えての総会を 5月20日(土)  福山市人権交流センター学習室にて
正会員全員に案内しての総会を開催し、今年度は前年度報告、今年度の計画・予算のほかに
2年間の役員任期満了で役員改選があり、幹部では事務局長が高齢で退任され新体制となりました。

特定非営利活動法人福山市身体障害者団体連合会
活 動 計 算 書 貸 借 対 照 表
  どの表も単位は円
自 平成28年4月1日 至平成29年3月31日 平成29年3月31日現在
科   目 金   額 科   目 金   額
Ⅰ 経常収益 Ⅰ 資産の部
 1.受取会費  1.流動資産
  正会員会費 29,000   現金預金 3,218,113
  団体会員会費 61,000   前払金 800
  参加会費 681,000   流動資産合計 3,218,913
 2.事業収益  2.固定資産
  自動販売機収入 291,267   ⑴有形固定資産 0
 3.受取寄附金 5,000   ⑵無形固定資産 0
 4.受取助成金等   ⑶投資その他資産 0
  福山市助成金 1,200,000   固定資産合計 0
  日身連助成金 36,500     資産合計 3,218,913
  その他助成金 200,000 Ⅱ 負債の部
 5.その他の収益  1.流動負債
  受取利息 581   未払金 25,920
  広告料収入 40,000   未払法人税等 110,500
経常収益計 2,544,348   流動負債合計 136,420
Ⅱ 経常費用  2.固定負債
 1.事業費   固定負債合計 0
  ⑴福利厚生費 269,896     負債合計 136,420
  ⑵その他経費 Ⅲ 正味財産の部
   旅費交通費 22,070   前期繰越正味財産 3,242,416
   通信運搬費 82,607   当期正味財産減額 159,923
   消耗品費 53,560   正味財産合計 3,082,493
   印刷製本費 62,515  負債と正味財産合計 3,218,913
   水道光熱費 111,564
   参加研修費 71,040 財 産 目 録
   諸謝金 20,000 平成29年3月31日現在
   大会活動費 887,285 科   目 金   額
   研修費 166,410 Ⅰ 資産の部
   委託費 66,360  1.流動資産
   諸会費 759,092   現金 30,627
   会議費 20,572   広島銀行預金 210,885
   賃貸料 800   JA福山普通預金 276,028
   法人税等税金 110,500   JA福山定期預金 2,700,573
   その他経費計 2,434,375   自販機前払金 800
経常費用計 2,704,271  2.固定資産 0
  当期経常増減額 △159,923    資産合計 3,218,913
Ⅲ 経常外収益 Ⅱ 負債の部
  経常外収益計 0  1.流動負債
Ⅳ 経常外費用   未払金 25,920
  経常外費用計 0   未払税金 110,500
 当期正味財産増減額 △159,923  2.固定負債 0
 前期繰越正味財産額 3,242,416    負債合計 136,420
 時期繰越正味財産額 3,082,493  正味財産合計 3,082,493


 2016年度活動報告
                          「平成28年忘年会」
    スポーツ大会を終えるともう年末が近く、例年ではそれ以前に忘年会会場の予約等をしていましたが
   今年は全く何も対応していませんでしたがやはりやろうと急遽会場を探し、やることになりました。
   車イストイレがあって送迎もしてもらえる会場は限られ今年も”みやび”で12月17日開催しました。



 「福山市制100周年記念身体障害者スポーツ大会」
私たち市身連の独自の行事を行いたいとその資金を支援いただこうと義倉に申請して
いましたがそれが認められましたので、自分たち連合会で企画し準備をし競技用具を
揃えて大会を開催しようと、市や社協、体育振興事業団の後援を得て11月3日、人権
交流センターのホールを会場にさせていただき、ボランティアの協力を得て開催しました。

身体障害者スポーツ大会記録  2016.11.3


               「平成28年度 広島県身体障害者福祉大会」
                     9月7日  尾道市しまなみ交流館
 今年度の広島県大会は尾道市で開催されました。今尾道市は因島、瀬戸田と合併して広大な町になっていますが、今回は島しょ部ではなく尾道駅前の「しまなみ交流館」での大会でした。
福山市身連は、大会後因島の万田酵素へ見学に行く日程で、バスで四〇名が参加しました。




「平成二十八年度総会開催」
平成28年度の福山市身連の総会を5月15日、福山人権交流センターの学習室を会場に開催して
新年度のスタートを切りました。しかし県身連等との連携活動は例年通り計画されていますが、市身連
としての独自の活動や収入を伴う事業等については今後の課題として検討していくことになります。

総会で承認された平成27年度決算報告
活動計算書 貸借対照表
どの表も単位は円
平成27年4月1日~28年3月31日 平成28年3月31日現在
科目 金額 合計 科目 金額 合計
Ⅰ 経常収益 Ⅰ 資産の部
 1受取会費 正会員 29,500  1流動資産
   団体会費 61,000   現金預金 3,373,231
   行事参加会費 918,000  2固定資産
 2自販機事業収益 159,336   有形固定資産 0
 3受取寄附金 12,000   無形固定資産 0
 4助成金 福山市 1,200,000   投資その他資産 0
   日身連 30,300     資産合計 3,373,231
 5その他 利息 704 Ⅱ 負債の部
   広告料 120,000    1流動負債
 経常収益 合計 2,530,840   未払金 38,215
Ⅱ 経常費用   未払税金等 92,600
 1事業費  2固定負債
  旅費交通費 934,306   固定負債 0
  通信運搬費 90,202 Ⅲ 正味財産の部
  消耗品費 81,157  前期繰越財産 3,648,178
  印刷製本費 70,740  増減額 △ 405,762 
  参加研修費 439,994 正味財産合計 3,242,416
  水道光熱費 51,840
  謝金、会費 10,000 財産目録
  負担金 744,520 平成28年3月31日現在
  会議費 172,260 科目 金額 合計
  各税金 93,202 Ⅰ 資産の部
  雑費 10,196  1流動資産
 事業費 計 2,698,417   現金 8,545
 2管理費   広島銀行預金 528,386
  会議費 4,170   JA普通貯金 136,300
  旅費交通費 32,810   JA定期貯金 2,700,000
  通信運搬費 7,947  2固定資産 0 3,373,231
  消耗品費 40,370 Ⅱ負債の部
  水道光熱費 45,168  1流動負債
  諸会費・雑費 107,720   未払金 38,215
 管理費 計 238,185   未払税金 92,600
 経常費用 合計 2,936,602  2固定負債 0 130,815
 正味財産減額 405,762
 次期繰越財産額 3,242,416 正味財産合計 3,242,416
 
「日本身体障害者福祉大会(きょうと大会)」
市身連の総会に先立つ5月11日~12日、京都パルスプラザにおいて日身連全国大会が開催
され、広島県身連の2泊3日のツアーに福山から2名参加しましたが、1泊しかできない会員が多く
福山で独自に計画して10名余の団体で参加しました。観光の本場ですが意外と参加者が少なく、
誰もが何度も観光をしていて、今回保津川下りと出来たての鉄道博物館を観光予定として大会参加。




 
2015年度事業活動報告 
「平成二十七年度福山市身連サロン会」
今年度市身連は年何回かのサロン会を各地域で開催し、会員の福祉や交流を深めていく計画でしたが
県身連の企画された交流事業や、福山市身障相談員の研修会を2回開催するなど参加行事が多く、年度
後半になって一回の開催が精一杯でした。一月の寒い中でしたが五〇名ほどの参加者で楽しくできました。



「理事長厚労大臣賞受賞祝賀会&忘年会」
福山市身連の忘年会を例年通り計画しましたが、年末理事長の大臣賞の受賞が分かり、その祝賀会
と兼ねて開催する事として、来賓も迎え労働会館みやびにて12月18日開催しました。



「ふれあい福祉まつり 身障相談コーナーで参加」
10月17、18日ローズアリーナ内に設けたコーナーで相談員が交代で相談を受けました。

「花と音楽でリラックス講座」
11月4日県身連主催のフラワーアレンジメントと二胡の演奏会が人権センターでありました。